産後ダイエット方法

産後ダイエット方法のまとめ。産後ダイエット成功口コミ。

「産後ダイエット いつから」に関する要注意

time 2014/01/16

 

「産後ダイエット いつから」に関する要注意

「産後ダイエット いつからいいの」とよくママたちに聞かれました。産後ダイエットするのは早過ぎるなら、長時間のボディービルで骨盤靱帯が厳重に弛緩になったら、子宮、膀胱、直腸が膣に突き、子宮脱、尿失禁、排便困難などの症状を引き起こす可能性があります。この様の症状は産後にすぐに現れません、ほどんとは十年後徐々に顕って来ます。よって「産後ダイエット いつから」に関して、下記の産後ダイエット事項は要注意です。

「産後ダイエット いつから」についての要注意:分娩した後すぐに産後ダイエットをしないこと、とりわけ運動、エクスサイズ

今新しいなった母親はキャリア女性の方が多いです。彼女たちの体つきは仕事(OL、俳優、モデルなど)にとっても大事です。赤ちゃんを産みながら体つきを維持したいなら、どすればいいですか?ある母親が分娩した後すぐに産後ダイエット計画を始めた。ある若い母親は子供が満月の時で産後ダイエットとしてジョギングを始めた。そして毎日の食事はスープだけで済みます。6 ヵ月後、彼女の体重は70 kg から50 kgに下落しました。しかし、その後頻繁にめまい、頭痛、不眠症が引き起こし始めた。彼女は具合悪くて、ダイエットしたくなくなります。しかし、体重は抑えられなく減り続きました、そして精神状態がますます悪くなります、仕事まで影響しました。産後ダイエットは将来の健康を犠牲としてしまいます。

もう一人のモデル職の母親は早く職場に戻るため、産後にすぐダイエットし、大量の回復性運動をしました。結局尿失禁などの疾患に患いました。

いずれも産後ダイエットいつからすること、即ち産後ダイエットタイミングを把握していません。

「産後ダイエット いつから」についての要注意のその原因

通常の状況では、妊娠した後母親の体重は一定的量(10~15 kg)に増えます。赤ちゃんが生まれた後また 5 kgくらいの重量を増えます。増える重量は胸の増大、子宮および部分増えした脂肪です。これらの重量は産褥期後(産後の42日)と 哺乳期後にだんだん消えて来ます。ですから、新しい母親が分娩した後これら増える重量を焦って減らしてはなりません。妊娠期間は、プロゲステロンなどのホルモンの影響で、母体骨盤の靭帯、筋肉、膣粘膜などが赤ちゃんの生まりやすいのために長く、緩く伸ばします。赤ちゃんが生まれた後、これら緩い組織は徐々に産前の状態を復元し、適当な産後ダイエット運動は分娩後の回復を促進することができます。

しかし、産後ダイエットのため、早過ぎの高強度な運動は逆効果です。一般では、ボディービルは主に胴体と手足の運動に焦点を当て、運動するとき、腹部の筋肉の緊張が腹部圧力を増加しで、骨盤の靭帯、筋肉が上からの圧力を受け、緩い状態を激化します。

産後ダイエット運動するのが早過ぎると、長時間のボディービルで骨盤靱帯が厳重に弛緩になったら、子宮、膀胱、直腸が膣に突き、子宮脱、尿失禁、排便困難などの症状を引き起こす可能性があります。この様の症状は産後にすぐに現れません、ほどんとは十年後徐々に顕って来ます。それで母親たちは医者にかからなければなりません。過去田舎たくさんの母親が産後早すぎの労働の参加のせいで、40 代なる時子宮脱などの疾患が生じします。新しくなった母親が産後にすぐのダイエットとスポーツが必然的に母乳の質や量を影響します。それで間接的に赤ちゃんの健康を影響します。将来の健康を鑑み、「産後ダイエット いつから」は大変重要となっています。

産後適切な量の運動はした方がいい。それはダイエットするためではなく、骨盤の筋肉や靭帯を元の弾力性と张力に回復するためです。通常産後運動は7 日後(帝王切開 10 日後)に初めては良い。 ヒップアップ、収縮肛門、シットアップ などを含むのやり方で 一日3 回、一回3 ~10 分くらいの感じです。

「産後ダイエット いつから」についてのご参考答案

もし体つきは貴方にとって大事なら、下記は産後ダイエットのアドバイスです:

1、 産後ダイエットいつからを注意するほか、早めに飲食を注意しましょう

妊娠後は自分の飲食を注意すべきです。あまり多くのお菓子、ペストリー、クッキーなどの食品を食べない。赤ちゃんはより多く蛋白質が必要ですから、妊娠前より半分くらい多くの肉、卵、乳製品を食べた方が良いです。米類、麺類が妊娠前と同じ量で大丈夫です。脂肪が厚くなる場合、ご飯を少なく、より多くの肉を食べるのがお勧めです。

2、 産後ダイエットは時期により順序を追って漸進する

産後はすぐに元の体つきに焦って戻ろうとしないでください。前の述べたとおり、産後の体重増加は哺乳が必要のため。赤ちゃんに母乳で授乳したいなら、哺乳期に節食してはなりません。産褥期後からしては大丈夫です、ただあまり過度の運動は良くなくなります。哺乳しない場合では、産褥期後の節食をしても、必要の量の肉、卵、牛乳を食べるべきです。主食の量は適切に減っても大丈夫です。どんな産後ダイエット方法でも、短時間に目標を達成する(産後ダイエット)のをしないでください。1 年くらいは自然に元の体つきに戻ることができます。

以上、「産後ダイエット いつから」について、筆者のいつもママたちに聞かれたときのアドバイスをまとめました。もちろん、個人差がありますので、ご参考まで。

 

 

down

コメントする




広告:アフィリエイト副業 – 永久収入

広告:胸を大きくするクリーム

広告:チャイナドレス激安通販

広告:豪華なベリーダンス衣装格安通販